2016-12-20

サッカーキック~インサイドキック~

a0001_009687_m

インサイドキック。難しいですよね。蹴ることはできるけど、ボールが強く速く飛ばすことができない。また、正確に飛ばすことができない。すぐに蹴ることができない。このように、パスをしたいけど、相手の方向に蹴ってしまう、あるいは、パスが弱すぎて敵にとられちゃう、このような悩みを抱えている方は少なくないと思います。そこで、今回は、インサイドキックについてお話ししたいと思います。

まず、インサイドキックとは、足の内側の広い部分を使うキックです。特徴としては、ボールとの足の接触面が広いことが挙げられます。したがって、最も正確にボールを蹴ることができます。試合の場面では、この正確性から、短距離のパスで使われることが多いですが、シュートにも使われることがあります。つまり、パスが多く行われるサッカーでは、インサイドキックは、最も使用頻度が多いキックです。サッカーの基本技術です。

インサイドキックは蹴ることは比較的簡単だといわれています。しかし、味方に正確にパスを出せていますか?パスを速く出すことはできていますか?蹴りづらくないですか?もし、これらに当てはまるのなら、蹴ることはできていません。

正確かつ速いパスを出せない原因は、軸足を蹴りたい方向に向けていないこと、かかとを押し出せていないこと、つま先を上に向けていないこと等が挙げられます。つまり、固定できていないのです。

この原因をどうやって解消するのか?それは、フォームをつくることです。まずは、足の内側の広い部分をボールの中心に当ててください。そして、逆算するのです。どこに軸足を踏み込めば、どこに力を入れることができれば、正確かつ速いパスが出せるのかを考えるのです。

一般的には、軸足を蹴りたい方向に向け、蹴り足の足首は直角を作って固定し、くるぶしの下あたりでボールをとらえることが重要だといわれています

実際には、足首を直角にしなくても足の内側で蹴ることは可能ですし、不自然な動きなので、かかとを押し出せていない方が多いです。しかし、それでは、足に力をこめることはできないのです。そこで、意識してほしいのは、かかとに近い部分で蹴ることを意識してください。そうすることで、足首を固定することができるでしょう。

いかがでしょうか?インサイドキックは最も基本的なキックの一つですが、蹴れていない人は多いです。あなたのフォームはどうですか?かかとを押し出すことはできていますか?

 

かんたんオーダーフォーム

LINEでお問合せはこちら
メールでお問合せはこちら