2016-12-29

リフティング~インステップキック~

リフティング インステップ

インステップキック。使用頻度が多いキックです。シュートやロングパス、クリアなどで使用されます。つまり、サッカーにおいては、最も重要なキックのひとつであり、サッカーが上手な人はインステップキックも上手です。ですので、インステップキックを習得できなければ、サッカーは上手くならないということです。しかし、実際、習得するのは難しいキックです。どうやったらミートできるのか?それはリフティングの練習あるのみです。そこで、今回は、インステップキックのリフティングについてお話ししたいと思います。

インステップキックとは、足の甲でボールを蹴ることですが、その甲でボールの中心をとらえるのは難しいです。それは、ボールを足の甲に当てる感覚をモノにできていないからです。ボールになじませることが重要であり、そのためにリフティングをするのです。そして、リフティングをすると、はじめは回数を重ねることは難しいと思います。ここで、どうすればリフティングが上手になるのかを考えたくなるでしょう。しかし、質よりも量を意識してください。インステップキックを蹴れるようになるために、ボールになじませるために、リフティングをするのです。ですので、毎日5~10分でいいので、継続してください。

では、具体的に何をやればいいのか?まずは、ワンバウンドでリフティングを始めましょう。右、左、両足で10回、20回、30回と、回数を増やしていきましょう。ただ、意識してほしいことがあります。
・足の甲で蹴る
・真上にボールを蹴りあげる
・足首を固定する
・ボールの真ん中を蹴る
これらの条件が満たされれば、ボールを無回転にすることができ、インステップキックができているということです。つまり、ボールを無回転にすることを目標として、リフティングの回数を増やしてください。目安としては、50回達成できれば、ノンバウンドでリフティングをやってみましょう。

ノンバウンドでリフティングするのは、当然ながらワンバウンドよりも難しいです。ですので、まずは、二回連続でリフティングし、一度バウンドさせて、再び二回連続でリフティング、この動作を繰り返してみてください。そして、慣れてきたら、三回連続、四回連続と、回数を増やしてみましょう。そして、最終的には、ノンバウンドでリフティングの回数を増やしてください。ただし、ボールが無回転になっていなかった場合、ワンバウンドからやり直しです。

いかがでしょうか?ボールを無回転にすることができたら、きっとインステップキックも上手になっていると思います。ただし、リフティングをするのは、リフティングがうまくなるためではなく、インステップキックで蹴れるようになるためです。ここを意識して、ぜひ実践してほしいです。

 

かんたんオーダーフォーム

LINEでお問合せはこちら
メールでお問合せはこちら