2017-01-01

リフティング~なぜやるのか~

yagi2151115252_tp_v

リフティング。インステップだけではなく、インサイド、アウトサイド、もも、そして、ヘッドでリフティングすることもできますよね。そして、最終的には、どの部分でリフティングをしても落ちないようにするのが目標ですよね。でも、なぜインステップキック以外でリフティングする必要があるのか?サッカーがうまくなるから?じゃあ、なぜインサイドでリフティングできたら、ヘッドでリフティングできたら、サッカーがうまくなるのか?何のためにリフティングしているのか?答えられる人は多くないと思います。そこで、今回、リフティングの本質についてお話ししたいと思います。

なぜ練習するのでしょうか?いきなりすみません。しかし、僕には懸念していることがあります。それは、練習が上手くなるために、その練習をしている状態です。本来は、サッカーが上手くなりたいから、練習をするのです。しかし、リフティングが上手くなるために、リフティングの練習をしている方が多いです。なぜ、あなたは数ある練習の中でリフティングという練習を選んだのか?もし、答えられないのなら、他の練習をしたほうが絶対サッカーは上手くなります。

では、僕は何のために、インサイドでリフティングをするのか?それは、トラップのためです。僕は、試合中でトラップミスが多かった。パスをもらっても、うまくボールを止めることができなかった。ボールを止めることができなかったら、ボールを蹴ることができない。だから、僕は、トラップミスが多いことを問題とみなした。どうやって解決するのか?どんな練習をすればいいのか?そして、僕は、サッカーが上手くなるために、トラップが上手くなるために、リフティングすることを決めたのです。
アウトサイドとももの場合も、トラップが上手くなるために、リフティングをします。ヘディングの場合は、ヘディングシュートが上手くなるために、あるいは、ヘディングでクリアできるようになるために、リフティングをします。

あくまで僕にとってのリフティングです。あなたのリフティングとは目的が異なるかもしれない。たしかに、リフティングの回数を増やすことは重要です。しかし、ただ回数を増やすのか、制約がある中で回数を増やすのか、目標は目的で異なるのです。今回は、そこに気づいてほしくてお話しさせていただきました。

 

かんたんオーダーフォーム

LINEでお問合せはこちら
メールでお問合せはこちら