2016-11-09

サッカーのユニフォームを作成するときに知っておきたいこと

 

ユニフォームを作成するときに知っておきたい事

サッカーのユニフォームを作成する場合はウェアがスポーツメーカーのものにこだわるのか、背番号などのプリント方式などにこだわるのかどうかで価格も大きく変わって来ます。
知っておくことで価格を抑えてユニフォームを作成することが可能になるかもしれませんよ。

まず、プリントの仕方としては「圧着プリント」と「昇華プリント」の2種類があります。
圧着プリントとは、ラバーシートをカットし加熱して圧着する方法です。最も手頃な方法として知られていましたが、折ったまま保管するとシワになったり、洗濯を繰り返すうちに剥がれてしまうことがあります。小さなマークであればあるほど剥がれやすいという特徴がありました。
昇華プリントとは、インクを繊維に染み抜かせる方法なので触り心地も生地そのままです。圧着プリントのようなゴワゴワ感がなく、剥がれる心配もありません。

ユ ニフォームのウェアのスポーツメーカーにこだわる場合、加工する前のウェア自体が高いためどうしてもユニフォーム完成後の価格も高くなってしまいます。ま た、番号やロゴ、エンブレムを入れたり、デザインをアレンジしようとするとさらに追加料金がかさみ高くなってしまうことにつながります。
しかし、ノーブランドのウェアで作成する場合、もともとウェアが安いのもあってこれらを追加してもブランド物のウェアでユニフォームを作成する場合に比べて安い場合が多いです。
FCゴレイロではマーキングが無制限で無料なのでプリントの数やサイズで追加料金を取らないので安心して自分好みのユニフォームにデザインできます。

また、ユニフォーム注文から完成までの日数についても注意しておきたいですね。
スポーツメーカーのウェアでユニフォームを作るとなれば1ヶ月程度かかることが一般的であり、どうしても急いでいる時には困ります。
FCゴレイロでは最短10日で納品が可能なので急いでいる方にももってこいな早さになっています。

もし、ユニフォームはメーカーものがいいという場合は仕方がありませんがユニフォームにかかる費用を抑えたいのであればノーブランドのウェアでユニフォームを作成している店舗で作ってもらうのが正解でしょう。
サッカーやフットサルのユニフォームは消耗品のため、いつまでも使えるものではないことを考えても安さで決める方が経済的かもしれませんね。

かんたんオーダーフォーム

LINEでお問合せはこちら
メールでお問合せはこちら