2016-05-01

人気欧州サッカークラブユニフォーム【ユヴェントス編】

セリエAにおいて最も成功したクラブといわれているユベントス。優勝回数はセリエA最多の30回で、ACミラン、インテルと並び、世界でも人気のあるビッグクラブの一つです。

チームの愛称は「ビアンコネーロ」イタリア語で「白と黒」。この愛称の由来となったのはもちろん、チームの象徴的な白黒ストライプのユニフォームです。

そんなユヴェントスのユニフォームですが、クラブ創設当初1897年~1902年はピンク色シャツに黒いパンツという組合せのユニフォームを着てプレーしていました。

juventus1897

しかし、このユニフォームが色褪せしやすかったのと、「もっと強そうに見えるユニフォーム」にという意見から現在の白と黒のストライプのユニフォームに変更されることになりました。

ただ、現在でもデザインを変え、度々アウェイユニフォームや3rdユニフォームとしてピンク色のユニフォームが採用されることがあります。

ユベントス集合写真vsラツィオSerieA

ユヴェンスといえば日本企業の「SONY」がスポンサーをしていたことでも有名です。

SONYがスポンサーをしていた頃のユヴェントスにはデルピエロ・ジダン・ヴィエリ・インザーキなど歴史に残る名選手が所属していて、クラブ全盛期だったといえます。

http://www.soccermond.com/clubs/italia/juventus/pics/kits/80-2014/b5d.png

そんなユヴェントスの2015-2016ユニフォームはサプライヤーがadidasに変更となりましたが、伝統的な白黒のストライプを配したデザインになっています。

そしてアウェイはピンク色を採用しています。

juventus-2015-16-adidas-kit

juventus-2015-16-adidas-kit


LINEでお問合せはこちら


メールでお問合せはこちら