2015-11-24

サッカーで背番号10がエースナンバーの理由

サッカーにおける背番号10番はそのチームを代表するスタープレーヤーがつける番号として
今では広く知られていますが、では背番号10がいつからその意味を持つようになったかというと
実はサッカー界のレジェンド「ペレ」が10番のユニフォームを着ていたことに由来しています。
それ以前、ユニフォームの背番号はGKが1番、DFが2・3・4….. FWが10・11番という様に
ある程度テキトーな順番で番号を選手に割り振っていました。ですので当時10番をつけている
プレーヤーといえば攻撃的なポジションの選手なんだな…くらいの感覚だったんでしょう。
しかし1958年のサッカーワールドカップスウェーデン大会でユニフォームにつけた10番という
数字が、それまでとは違う意味を持つようになりました。
…この大会の始まる前、ブラジルサッカー界の幹部がFIFAに代表選手のリストを送った際に
選手それぞれに番号を振り忘れたまま提出してしまい、急遽FIFA側の担当者が選手に番号を
テキトーに振り分け登録しました。
このとき控え選手だった当時17歳のペレが偶然にも10番という数字を付けることになりました。
そして、ペレはこの大会でブラジル代表の3試合目で初めて試合出場を果たし、4試合で6ゴール、
準決勝で3ゴール、決勝で2ゴールを上げ、見事ブラジル代表を優勝へ導きました。
そうしてその時偶然にもペレがつけていた10番というユニフォームの背番号に誰もが憧れ、
いつしか栄光の数字となりました。
それ以降、背番号10はチームを代表するスター選手が背負うことになり、10番をつけることの
意味も大きくなりました。
背番号10