2016-05-12

サッカー日本代表ユニフォームのウェット感について

wet

 

テレビなどでサッカーの試合を見ているとき、選手のユニフォームがかなりビチャビチャになっていて気になるのは私だけでしょうか??

特に日本代表のネイビーのユニフォームなどは、ものすごく濡れているのがはっきりわかりますよね。

日本代表ともあれば、ユニフォームの素材には相当ハイテクな生地が使用されているのではと思いますが、ではなんであんなにビチャビチャに濡れて不快そうな感じになってしまっているのか。あれで選手は気持ち悪くないのか。

と思い、調べました。

その結果、あのビチャビチャな感じこそ超ハイテク生地の証なんだそうです!

見た感じは非常に不快そうなあのユニフォームですが、実は体の表面にほんのわずかでも水分(汗)が発生すると、すぐさま生地が吸収しユニフォーム表面へと水分を逃がす仕組みになっていたのです。その結果があのユニフォーム表面のウェット感なんですね。

以外にも着ている選手本人は常にサラサラな感触を保ったままプレーできているそうです。しかも超軽量素材でできているそうです。

さらに驚かされるのがその値段です。1着5~6万円もするそうです。さらに日本代表ユニフォーム1試合限りの使い捨てで、耐久性は全く考えられておらず、その1試合だけで最高のパフォーマンスを発揮するように作られています。

この事実を知ると非常に贅沢なユニフォームを着て試合をしているんですね。

1着5万もするユニフォームを使い捨てで着ているからには選手に是非試合に勝ってほしいですよね・・・

ちなみに、ショップなどで買うレプリカのユニフォームは値段も安く機能性も低いわけですが、その分、耐久性は持たせてあるので長持ちします。


LINEでお問合せはこちら


メールでお問合せはこちら