2017-01-30

小学生サッカー講座~ポジショニングの練習メニュー(3対1)

サッカー 練習メニュー

前回は、ポジショニングの教え方(主にディフェンス)についてお話ししました。
今回も引き続き小学生サッカー講座をひらきたいと思います。

「前でプレーさせる練習か~。でも具体的な練習内容は?」
「練習メニューの例が欲しい!」
なかにはこのように思っている方もいらっしゃると思います。

ですので、今回は、ポジショニングの練習にぴったりな3対1をご紹介しましょう。

まず、なぜ3対1がポジショニングに有効なのかというと、常に数的有利だからです。
ポジショニングというのは、適切な位置取りということでしたね?
なぜ適切な位置取りをしないといけないのかというと、同人数であっても、自分たちが有利になるようにプレーしないと勝てないからです。
有利になるということは、数的有利のことなのです。
(ただし、ここでは、特別うまい選手がいないことを前提として話しています。)
したがって、ポジショニングが重要なのです。
そして、3対1では、意識次第で、制限次第で、いくらでも練習のレベルを変えることができます。
また、今回は、前でプレーさせるということも、4対2ではなく、3対1を選んだ理由です。


では、さっそくどのように3対1を通して、前でプレーさせるかをお話しします。

・前にパスを通せと言う!

3対1というのは、パスコースが2つありますよね?
そして、ゴール、進むべき方向がないために、前が存在しません。
けど、私は、トラップした方向を前だと教えさせます。

そうすれば、どうでしょうか?
なかなかトラップした方向にパスが出せないのです。
このときに言うのです。
「どうやったら、前にパス出せるか考えろ!」

すると、前にパスを出せる方法だけを考えます。
ただ、コーチから周りを見ろだとか、トラップする準備をしろだとかは少し我慢してください!

きっと、自分で考えて、無意識に周りを見ながら、適切な場所に動き、トラップしやすいように工夫する子がいます。
まず、その子をほめてください!

そして、その子にどうやってプレーしたのかを答えさせてください!
そうすれば、子供たちが自発的に練習しようとするきっかけになるのです。

子供主体でサッカーをする!
このことは忘れないでください!

3対1についてお分かりいただけたでしょうか?
次回も、3対1の練習内容をご紹介したいと思います。
ポジショニングの指導に困っている方はぜひ参考にしてみてください!

かんたんオーダーフォーム

LINEでお問合せはこちら
メールでお問合せはこちら