2015-11-11

ユニフォームの形選び

サッカーやフットサルのオリジナルユニフォームを作る際、色や文字などのデザインを考えるのは当然ですが、
まずベースとなるユニフォームの形を選ぶという作業も必要となります。
それによってデザインの仕方も若干変わってくることがありますので、FCゴレイロで扱っているユニフォームの形
2つをご紹介し、それぞれの特徴などを説明します。

■セットイン or ラグラン

ラグラン・セットイン型紙

上記画像左側のユニフォームの袖は首元から袖部分が始まっています。コレを「ラグランスリーブ」、通称ラグランと呼ばれている形です。
一方、画像右側のユニフォームは一般的なTシャツと同じ、首元から肩幅があり、肩から袖が始まっています。コレを「セットインスリーブ」、通称セットインと呼んでいます。

では、両者の何が違うかというと腕の動作のしやすさです。
一般的にスポーツなどの体を動かす場面では肩から袖が一続きになったラグランのほうが向いていると言われています。
では、セットインスリーブはどんな場合に選ぶかと言うと、デザインで胴体と袖の色を違う色にしたい場合です。
ラグランには肩に位置という概念が無いので、色を切り替える場所が明確ではありません。
きれいに色を切り替えたいのであればセットインをお選びいただくことをお勧めします。

FCゴレイロではお客様のご希望が無い限り、通常ラグランスリーブの型紙を使ってデザインしていきます。
セットインで製作をご希望の場合は、最初の段階でお伝えください。